軽井沢の別荘事情|リゾート地 軽井沢の別荘・不動産情報 - 別荘・住宅、別荘・住宅用土地・リゾートマンション等の不動産物件を写真付で掲載

株式会社ハウスピア
  • Home
  • Mail
  • お探し物件ご依頼フォーム

FAQ

軽井沢の別荘事情を教えてください。

軽井沢に別荘の購入を考えて、査定をしてもらおうと考えていますが、仲間内でその話をすると、昔と違って道楽で軽井沢に別荘を持つ時代ではないし、別荘を持てば維持費の他にもお金がかかって大変だから考え直した方がいいと言われてしまいました。
しかし、起業する際にいつか軽井沢に別荘を持つことをモチベーションにして頑張ってきた経緯があって、たとえすぐに手放すことになっても別荘を購入しようと思うのですが、現在の軽井沢の別荘事情と、管理費以外にかかる費用について教えてください。

answer

景気回復と共に再び需要が高まっています。

確かに別荘の査定の依頼も頻繁にいただいておりますが、近頃では親が昔購入した別荘を売却したいというご相談も増えています。
1980年代のバブル景気で別荘ブームが巻き起こり、日本有数の避暑地である軽井沢に別荘を持つことは、成功を収めたお金持ちのステータスでした。
しかしバブルがはじけて別荘ブームが去り、現在は親世代が残した別荘が子供世代の負担になるケースが多くなりました。
近頃ではバブル時代とは真逆のミニマリズムが流行していて、必要最低限のもので暮らす概念は別荘の所有とは完全に真逆の発想です。
しかし、東京などの都会を中心に景気は回復傾向にあり、一部では別荘の需要も増加していて、高収入世帯ではセカンドハウスブームも起こりつつあり、都心からも近い軽井沢の別荘需要は再び高まりつつあります。
別荘を所有する場合は、確かに管理費以外にも高額な税金がかかります。
軽井沢に別荘を持つ多くの方が、年に数回しか利用しないのに、毎年高額な固定資産税を支払うのが嫌になり別荘を手放しています。
その他にも、都市開発が進む地域では、都市計画税を納めなければいけなくて、標準税率は0.3%と固定資産税に比べて低く設定されていますが、高額な別荘を所有している場合は大きな負担となります。

PageTop

  • 売却のご相談
  • お探し物件ご依頼フォーム