別荘を有利に売却する方法|リゾート地 軽井沢の別荘・不動産情報 - 別荘・住宅、別荘・住宅用土地・リゾートマンション等の不動産物件を写真付で掲載

株式会社ハウスピア
  • Home
  • Mail
  • お探し物件ご依頼フォーム

FAQ

別荘の売却ではどのような方法で売却するのが有利ですか?

軽井沢に親から相続した別荘があるのですが、売却したいと考えています。出来れば早く現金化したいですが、足元を見られて安値となるのも避けたいため、どのような売却方法がよいか悩んでいます。不動産は4LDKで築20年ほどでしょうか。見た目も内側もそんなに劣化は感じないと思います。別荘地なので通常の不動産売却とは異なると思いますし、このご時世、すぐに買い手が見つかるのかも懸念しています。どのような売却方法がよいかアドバイス頂けると幸いです。

answer

すぐに現金化したい場合は不動産買取がよいでしょう。

不動産の売却理由は様々ですが、今すぐにでも不動産を売却して現金化したいというケースは多いものです。所有されている不動産を買取により売却するのがよいのか、仲介により売却するのがよいのかメリット・デメリットと共にお話ししましょう。
「不動産買取」とは直接、不動産会社に売却するもので仲介手数料は不要、かつ確実な取引が可能で短期間で売却出来るのが大きなメリットです。売却後の補修義務・瑕疵担保責任もなく、売却物件であることを周囲に知られることもなく、プライバシーが守られます。デメリットは仲介と比較して価格が安くなることです。依頼する不動産会社により買取価格は異なりますが、仲介による売却よりも7割から8割ほど価格が低下する場合もあるようです。買取をした不動産会社が不動産に対しリフォームやリノベーションを行い、再販売を行うため買取額が相場よりも安くなってしまうというのが理由です。
一方、不動産会社へ仲介を依頼し買い手を見つけてもらってから売買契約を結ぶ場合、成功報酬として不動産会社に仲介手数料を支払わなくてはいけません。しかし、仲介による売却ではいつ買い手が見つかるか分からないのがデメリットです。なかなか見つけることが出来ず困っているケースも多々あります。また、売却が実現した場合、売主から買主に対し瑕疵担保責任というものがかかります。これは売却後2~3か月以内に隠れた瑕疵があった場合の売り手に対する修繕、補修の義務のことです。売却後に出費の可能性がないとは言えないのです。
このような点から明確にどちらが有利であるとは言えないため、地元の不動産会社へ相談されてはいかがでしょうか。

PageTop

  • 売却のご相談
  • お探し物件ご依頼フォーム